メンタルヘルス対策(含ラフターヨガ体験)自己理解・他者理解コミュニケーションスキル目標設定と実践計画一般職向け一日研修メンタルヘルス対策(含ラフターヨガ体験)自己理解・他者理解コミュニケーションスキル失敗を学びに変えるビジョンタイムライン目標設定と実践計画二日研修メンタルヘルス対策(含ラフターヨガ体験)意欲を引き出すコミュニケーション管理者の責任と権限目標設定と実践計画管理職向けメンタルヘルス対策(含ラフターヨガ体験)意欲を引き出すコミュニケーション対人関係の基本的な態度を知る管理者の責任と権限ビジョンタイムライン目標設定と実践計画その他3か月・6か月間の定着支援や新入社員研修、ラフターヨガリーダー養成など、ご要望に応じさせていただきます。ぜひ、ご相談ください。研修プログラム例 Program Sample

 

★自他理解

良好な対人関係を築くために他者理解は欠かせません。その基になるのは自己理解です。

自己理解の3つの方法(自己分析・他者からのフィードバック・客観的データの活用)によりポジティブな職場環境づくりに繋がります。

 

★リーダー能力向上

リーダーに欠かせない資質は、バイタリティ・楽天性・自己修練といえます。

また「仕事の流れは対人関係の流れである」とも言われるほど、対人関係をうまく結ぶことができるか否かは、リーダーにとって非常に重要な問題です。

他者との信頼関係を築くための、コミュニケーション能力の向上が求められています。

 

★メンタルヘルス対策

ストレスは脳機能を低下させる最大の要因です。

ラフターヨガは、ストレスを軽減し、結束力を高め、強いチームを構築する側面があります。

企業や組織などでは、様々なストレスにより、体や心に不調をきたす人が増えてきています。

メンタルヘルス対策には、まず体を動かすことが最も効果的です。

短時間でできる簡単なラフターヨガは、企業内でラジオ体操のように使うことで、心と体のストレスを取り除くことができます。

 

 ラフターヨガとは1995年、インドのマダン・カタリア医師と、妻でヨガの熟練者であるマデュリ・カタリア夫妻によって考案された、「笑い」に「ヨガの呼吸法」を組み合わせた、新しい健康法です。 冗談やユーモアに頼らず、理由なく笑うことで右脳が活性化します。脳は本物の笑いとつくり笑いを区別できないことが科学的に証明されており、つくり笑いでも本物の笑いと同じような健康効果が得られます。ラフターヨガの主な効果は、ストレスホルモンの抑制、NK細胞の活性化(抗がん)、自己効力感を高める、コミュニケーション能力の向上などが挙がられます。世界80カ国に広がり、世界中のメディアにも取り上げられています。その手軽さや効果がすぐにわかることから、職場・医療・福祉・教育の現場や、ガンや糖尿病の患者会といったあらゆるところで使われています。カタリア医師のラフターヨガは、「ハイコンセプト」(ダニエル・ピンク著、大前研一訳)の中で、「笑っている人の方が、クリエイティブだし、生産性も高い。一緒に笑える人たちは、協力して仕事をこなせる。笑いは職場のストレス軽減のための中心的な役割を担うことができる」と紹介され、ビジネスでの新しいストレスマネジメントとして注目されています。 

 

サイトマップ

お問合せ

Copyright(C) 2014 カオンパーソナルサポート群馬ラフターヨガクラブ All Rights Reserved.